借入前に必要な心構え

借入前に必要な心構え

 

消費者金融を利用しようと考えている人は多いと思いますが、利用する前に覚えておきたい法律があります。一つは総量規制です。これは多重債務を防ぐために定められた法律です。ただこれはどこから借り入れるにしても適用されるわけではありません。消費者金融での借り入れとクレジットカードでのキャッシング枠のみ適用されます。銀行での借り入れは総量規制対象外となりますので、総量規制に引っ掛かった場合は銀行での借り入れも可能です。この総量規制とは、個人の年収の三分の一の金額しか借入が出来ないということです。つまり年収が300万だとすれば、100万までしか借入が出来ないという事。これは一社で100万ではなく、個人の借入総額が100万と言うことです。次にグレーゾーン金利です。これには出資法と利息制限法という法律も関係してきます。まず利息制限法で定められている金利の上限は20%とされています。これに対し、出資法では29.2%が上限となっています。この20%〜29.2%の間の部分のことをグレーゾーン金利と言います。以前までの金融機関はこのグレーゾーン金利で金利を取っていました。しかし今では利息制限法が適用されているので、20%を超える金利を設定していると違法となるのです。つまりグレーゾーン金利で貸し付けをしている企業は違法というわけです。この二つの法律を知っておくことで正常な借入ができますよ。